CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の評価と感想

2020/2/24創作

所要時間目安 2
CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の評価と感想

こんにちは。ドッド工房です。

イラストを描き始めて8年以上が経過しました。

今回は「CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の評価と使用した感想」をお話しします。

クリスタって評判良いけど、
実際どんな感じなんだろう。
買ってまで使う価値はあるのかな…

結論、クリスタを使えば、もうペイントソフトで悩むことは無くなると思います。

  • 本格的にイラストを描きたいけど、どんなソフトを使えばいいのか迷っている方
  • ゲームのCGを制作する際、どんなペイントツールを使えばいいか悩んでいる方
  • クリップスタジオペイントの購入に悩んでいる方

ぜひ参考にしてください。

筆者(ドッド工房)について

10年以上ゲームを作り続けています。
PCゲーム・ブラウザゲーム・スマホアプリを合わせて9タイトル公開。
総プレイ数160,000回突破。ゲームコンテスト4回受賞。
実況プレイでも多くの方に遊んでいただいています。
私が作ったゲーム: https://atelierdodd.work/game/

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の評価と感想

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の評価と感想

私はイラストやゲームCGを描く際に、CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)を愛用しています。

以前は無料のペイントツールを使用して絵を描いていました。

しかし、使いやすさと作品のクオリティを求めていった結果、
最終的にクリップスタジオペイントに行き着きました。

CLIP STUDIO PAINTとは

CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント) ※通称「クリスタ」

イラスト・2DCG・漫画を描くことができる有料のペイントツールです。

多くのアマチュア・プロのイラストレーター・漫画家から支持されています。

専門学校などの教育機関でも採用されている有名なペイントソフトです。

大手イラスト投稿サイト「pixiv」のユーザーに、最も利用されているペイントツールでもあります。※2018年時点

ちなみにクリスタを使うときの画面はこんな感じです。

クリスタを使うときの画面

必要な機能が揃っており、且つ分かりやすい画面だと思います。

CLIP STUDIO PAINTの種類

CLIP STUDIO PAINTには下記の通り2種類あります。

両者の違いは機能の多さで、EXの方がプロ仕様で価格が高めです。
EXにはPROには無い下記の機能が搭載されています。

  • プラグインに対応
  • 複数ページ作品、本の管理、印刷が可能
  • プロ向けアニメーション制作にも対応

※公式サイト「ラインナップ」より

イラストを描くだけならPROで、本にすることも視野に入れるならEXの方が良いという感じです。

CLIP STUDIO PAINTのデメリット(欠点)

  • 古いPCだと重く感じることもある(他の方の意見)
  • 機能が多すぎて全て覚えて使いこなすのには時間がかかる

ちなみに私は、下記のような低スペック(性能)ノートパソコンで使っていました。
ですが、私の場合は動作に問題なく絵が描けました。

  • CPU:Celeron N3160 1.6GHz / 4コア(CPUスコア:1666)
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:SSD256GB
  • OS:Windows10 64bit

上記のスペックくらいのPCなら問題なく動作するかと思います。
最近のPCを使っている方は特に心配しなくても大丈夫でしょう。

機能が多すぎて使いこなすのに時間がかかる点についても大丈夫です。
私も最初は戸惑いましたが、使っているうちに自然と覚えられました。

CLIP STUDIO PAINTのメリット(特長)

  • 描き心地が良い(イラストや漫画のプロの方々にも愛用されています)
  • 絵を描くための機能がとにかく多彩(痒いところにも手が届きます)
  • 色塗りはみだし防止機能がある(色塗り作業の効率化を図れます)
  • 描いた線の太さを後からでも変更可能(後から修正できるのは嬉しいです)
  • ブラシが沢山揃っている(自分でカスタマイズも可能)
  • 3Dデッサン人形がある(人体のポーズを描くのが苦手でも安心)
  • 自動着色機能がある(色塗りが苦手でも安心)
  • 素材をダウンロードして追加が可能(トーン・ブラシ・3Dデータ等)

このメリットの中から、私が使っていて特にいいなと感じた点は下記の通りです。

描き心地が良い

私は液タブとワコムの板タブを使っています。
クリスタとの相性も問題なく、描き心地も良いと感じています。

絵を描くための機能がとにかく多彩

絵を描くための機能は確かに多く、覚えてしまえば非常に便利なツールだと思います。

色塗りはみだし防止機能がある

色塗りのはみ出し防止機能もあるので、作業効率も上がります。

描いた線の太さを後からでも変更可能

描いた線の太さを、細くしたり太くしたりできるのは高ポイントです。
後からもう少し線を繊細にしたいなと思うことが多々あるので嬉しいです。

ブラシが沢山揃っている

背景等の絵を描く時間を短縮させるのにも有効です。
公式や有志の方が作成されているブラシ素材をダウンロードして利用できます。

※ブラシとは、模様・雲・草むら等を、線をなぞるように描くだけで描画できる機能のことです。

3Dデッサン人形がある

人物を描くのが苦手な方にも安心です。
下記画像のように、3Dデッサン人形機能が付いています。

クリスタの3Dデッサン人形

自動着色機能がある

自動着色機能は、描いた線にソフトが自動で色を塗ってくれる機能です。
ある程度色の指定も可能で、今後ますます精度が良くなっていくかと思います。
ちなみに、私のイラストにクリスタで自動着色した結果は下記の通りです。

クリスタによる自動着色の結果

結構いい感じです。
実際はもう少し色や塗る箇所を細かく指定できます。

ダウンロード版・バリュー版・パッケージ版の価格

ダウンロード版・バリュー版・パッケージ版の価格

PCのクリスタには、ダウンロード版・バリュー版・パッケージ版があります。

CLIP STUDIO PAINT EX ダウンロード版(Win/Mac):23,000円 (税込)
バリュー版:500円/月~ (税込)
パッケージ版:37,400円 (希望小売価格、税込)
CLIP STUDIO PAINT PRO ダウンロード版:5,000円 (税込)
バリュー版:500/月 (税込)
パッケージ版:9,350円 (希望小売価格、税込)

※公式サイト「ラインナップ」より

私のおすすめはダウンロード版です。

PROでバリュー版を使うとなると11か月使うだけで、ダウンロード版の価格を超えてしまうからです。

また、買い切ってしまった方が、使用中に料金を心配する必要もありません。

5年間以上使うとなると、毎日3円位節約すれば買える計算です。
月に1度でも使えば損はしません。

パッケージ版と違いディスクを無くしたりする心配もありません。
ダウンロード版ならシリアルキーがあれば何度でもダウンロードし直せるので安心です。

まとめ:CLIP STUDIO PAINTを使って最高のイラスト制作を楽しもう!

まとめ:CLIP STUDIO PAINTを使って最高のイラスト制作を楽しもう!

結論、ペイントソフトは、クリップスタジオペイントを使わないともったいないと思います。
多機能で高品質なので、私も満足して日々使用しています。

特に価格の安いCLIP STUDIO PAINT PRO はコスパも抜群です。

初心者の方にも安心して使えるペイントツールだと思います。
イラストだけではなく、ゲーム制作をやる方はCG作成にも活用できます。

ちなみにクリスタを使うときはペンタブが必要です。
まだ持っていない方は、下記サイトから探してみるといいと思います。

ワコムのペンタブは定番中の定番です。
私もワコムの板タブを持っています。

こちらの記事も合わせてどうぞ!

厳選したおすすめのペイントソフトを比較して紹介。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
当ブログでは、ゲーム制作や創作活動に役立つ情報を中心に発信しています。
他の記事もよかったら読んでみてください。
それではまた!

※参考サイト
イラスト マンガ制作ソフト・アプリ CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)「ラインナップ | CLIP STUDIO PAINT」
(最終閲覧:2020年1月7日)
https://www.clipstudio.net/paint/lineup

この記事がよかったらフォローお願いします!

2020/2/24創作

Posted by ドッド工房