漫画の翻訳を個人で依頼する方法【外国のファンを増やす】

2020/2/19創作

所要時間目安 2
個人が漫画の翻訳を依頼する方法【外国のファンを増やす】

こんにちは。ドッド工房です。

あなたの漫画で海外の人が笑顔になります。

今回は「漫画の翻訳を個人で依頼する方法(格安で依頼も可能)」を紹介します。

自分で描いた漫画を海外の人にも読んでもらいたいなぁ。
けど、そのためには翻訳しないといけないし…
自分で翻訳するのも難しいから、誰かに依頼したい。
どうやって依頼したら良いんだろう?
きっと依頼するのって高いんだろうなぁ…

こういった悩みを持つ方に向けた内容です。

自分の漫画を外国の方にも読んでもらえたらいいのになぁ。
だけど、翻訳するには知識が必要だし、誰かに依頼するにしても高いんだろうなぁ。

こういった悩みのある方に今回の方法はおすすめです。

ファンを増やしたいなら、あなたの漫画を翻訳しないのは損です。
日本だけでなく世界にあなたの漫画を広めることで、その分ファンを獲得できる可能性がぐっと広がります。

将来的に今よりも大きな売上に繋げることも可能になります。

漫画の翻訳を個人で依頼する方法

漫画の翻訳を個人で依頼する方法

翻訳の依頼は高いと思われがちです。

それも無理はありません。
実際に高額で依頼を引き受ける業者は多くいます。

そういった業者に対し、個人で漫画を描いている方が依頼するのは厳しいですよね。
ただでさえ苦労して漫画制作を続けている中、そんなにお金は使えません。

でも安心してください。
今回紹介する方法には、個人で漫画を描いている方が気軽に利用できる依頼サービスもあります。

漫画の翻訳を依頼できるサービス

漫画の翻訳を依頼できるサービス

漫画の翻訳を依頼できるサービスを2つ紹介します。
あなたに合っていると感じる方を選んでください。

なるべく費用を抑えて依頼したい方

ココナラなら、1,000円位でも依頼が可能です。

上記リンク先で「漫画 翻訳」と検索すれば、漫画の翻訳を専門で行ってくれる人が表示されます。

つまり、ココナラに登録している「人」に依頼ができるということです。
依頼したい人と依頼を受けたい人の「マッチングサイト」という感じです。

ちなみに、ココナラとは。
株式会社ココナラが2012年から運営しているWebサービスです。
会員登録者数は100万人を突破しており、多くの方に利用されてきました。
一時期TVでも話題になりました。

ココナラの使い方と評価については下記記事にまとめました。
どんな感じなのかもっと知りたい方はご覧ください。

さらにハイクオリティ(高品質)な翻訳を依頼したい方

少し値は張りますが、その分高品質に翻訳をしてくれるサービスです。

値は張るといっても、業界では適正価格です。
「翻訳費10円~20円/文字」「進行管理費15%」で日本語→外国語に翻訳依頼できます。

ネイティブの方(母国語とする方)が直接翻訳します。
ネイティブの方にはその国の文化に対する知識もあります。
そのため、その国でNGな表現があったとしても気づいてもらえます。

有名ゲームメーカーや玩具メーカーなど、400社以上の企業と取引をしている実績があります。

もし本気で世界に自分の漫画を発信したい場合。
利用すると間違いなくいいサービスだと思います。

※各種情報は公式ページより参照。

漫画の翻訳を依頼するデメリットとメリット

漫画の翻訳を依頼するデメリットとメリット

翻訳をするデメリットとメリットって何があるんだろう。
そういった方は読んでください。

デメリット

  • 費用がかかる

デメリットはお金はかかることだけだと思います。

スキルの必要なことを誰かに依頼するのです。
お金はかかって当たり前ですよね。

自分で勉強して翻訳をするのも手段の一つですが、果たしてその労力と時間をかけられるでしょうか。

英語だけならなんとかなるかもしれません。
でもポルトガル語・中国語・韓国語となったら話が変わります。

また、その国の文化に対する理解や知識も必要になります。
なぜなら、日本ではOKでもその国ではNGといった表現もあるからです。

以上を考慮すると、自分だけで翻訳するのはまず不可能です。

メリット

  • 海外のファンを増やすチャンスを得られる

日本の人口は減っています。
これからも少子化の影響で、ますます人口は減っていきます。

日本のさまざまな業界で、海外に進出する企業のグローバル化は進んでいます。
漫画などの娯楽コンテンツも例外ではないはずです。

つまり、海外のファンも獲得できれば、その分収入に繋げることも可能になります。

そのためにも、翻訳は必要不可欠なのは明らかです。

最悪売れなくても、単に海外の方に自分の漫画を読んでもらえる。
それだけでも、なんだかうれしく感じませんか?

まとめ:海外の人に読んでもらうためにも漫画の翻訳を依頼しよう

まとめ:海外の人に読んでもらうためにも漫画の翻訳を依頼しよう

以上が「漫画の翻訳を個人で依頼する方法(格安で依頼も可能)」です。

機械翻訳ではまだまだ不十分です。
誤った翻訳をされてしまえば、海外の方に誤解を与える可能性もあります。

日本ではOKでも、その国ではNGといった表現もあります。
機械にはそれがわかりません。
そのためにも、人に依頼してトラブルを回避しましょう。

あなたの漫画が海外の方を笑顔にすることを願っています。

こちらの記事も合わせてどうぞ!

今回紹介したココナラの使い方と評価の記事です。

自動着色で簡単にカラー漫画も作れるかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
当ブログでは、ゲーム制作や創作活動に役立つ情報を中心に発信しています。
他の記事もよかったら読んでみてください。
それではまた!

この記事がよかったらフォローお願いします!

2020/2/19創作

Posted by ドッド工房