無駄になる自作ゲームのアップデート【製品ライフサイクル】

2019/11/27ゲーム制作, 創作

最後まで読んでも < 1
無駄になる自作ゲームのアップデート【製品ライフサイクル】
かけ出しゲーム作者

バグもあるしとりあえずアップデートするか!
あと、新要素も追加しちゃおう!
これだけ更新すれば遊んでもらえるはずだ!

こんなことを考えていたら1度ストップです!

本記事の内容

  • 製品ライフサイクルにゲームを当てはめる
  • 衰退期におけるゲーム更新は無駄になる
  • あなたのゲームが衰退期に入っているか確認する方法
  • あなたのゲームが衰退期に入っていたらどうしたらいいか

マーケティング用語「製品ライフサイクル」。

この「製品ライフサイクル」にあなたのゲームを当てはめた場合。
あなたが今後、ゲームをアップデートすべきか判断することができます。

ゲームを公開した後におそらく多くの方は、
「バグ修正」や「新要素実装」などで更新(アップデート)を行うと思います。

でも、もしかしたらそのゲームを更新するのはもうムダかもしれません。

 本記事の信頼性

 ドッド工房 (Twitter:@AtelierDodd
 ゲーム制作・創作活動を10年以上継続
 9ゲーム公開16.5万プレイ突破5回受賞
 別名義と合計17ゲーム24万プレイ6回受賞
 ブログは4ヵ月目で月間1.7万PV達成
 PCゲーム・ブラウザゲーム・アプリ公開中!

無駄になる自作ゲームのアップデート【製品ライフサイクル】

無駄になる自作ゲームのアップデート【製品ライフサイクル】

まず、本記事における「ムダ」とは、ゲームが下記に該当する場合を指します。

  • ゲーム更新による恩恵を受けるユーザーが少ない
  • 新規ユーザー獲得に繋がる見込みがない

この2つに当てはまる場合、あなたのゲーム更新がムダの可能性が高いです。

製品ライフサイクルにゲームを当てはめる

マーケティングの書籍でよく登場する用語です。

この「製品ライフサイクル」とは、 製品の登場から消えるまでの過程のことです。
製品ライフサイクルは、下記の4つの段階で構成されています。

  1. 導入期…市場に新製品を投入した時期。認知度はまだ低く売れていない(プレイされていない)。
  2. 成長期…徐々に認知度が上がってきて、売上(プレイ数)も伸びる時期。
  3. 成熟期…製品が顧客(ユーザー)にいきわたり、売上(プレイ数)の伸びも落ち着く時期。
  4. 衰退期…顧客(ユーザー)が離れ、売上(プレイ数)も減少していく時期。

このうち、本記事における「ムダ」であるのは、「4.衰退期」に該当します。

衰退期におけるゲーム更新は無駄になる

もし衰退期にゲームを更新しても、恩恵を受けるユーザーは少ないです。

また、ユーザーが離れているということは、そのゲームの需要がなくなったということです。

ゲームには流行りがありますし、毎日凄まじいスピードで新しいゲームが公開され、進化し続けています。

そんな中、流行っていない古いゲームを更新したところで、多くの方はもう遊んではくれません。

ゲーム更新で制作者の労力と時間が奪われるだけで大変もったいないです。

あなたのゲームが衰退期に入っているか確認する方法

では、自分のゲームが衰退期に入っているか確認するにはどうしたらいいのでしょうか。

あくまで私の判断基準ですが紹介します。

  • 公開から半年以上経過している
  • 1日のダウンロード&プレイ数が20回以下
  • 更新してもダウンロード&プレイ数が増えない
  • 3日間以上SNS等でつぶやかれていない

上記に該当する場合は、衰退期に入っている可能性が高いです。

あなたのゲームが衰退期に入っていたらどうしたらいいか

結論から言うと、そのゲームの更新をやめ、新しいゲームを作った方が良いです。

その方が新たなユーザーを獲得できます。

既存ユーザー(ファン)にも、新しいゲームが出て喜んでもらえます。

労力と時間がムダにならず、新たな目標もでき、制作モチベーションのアップ・維持に繋がります。

まとめ:自作ゲームの無駄なアップデートはやめよう!

まとめ:自作ゲームの無駄なアップデートはやめよう!

一度そのゲームを遊んだ多くの方は、もう一度遊ぶことは少ないです。
そして、新しいゲームを遊びたいと思うはずです。

遊ばれなくなったゲームに労力と時間を費やすのはやめましょう。

新しいゲームを作った方が、あなたとプレイヤー双方にとって良いかもしれません。

こちらの記事もあわせてどうぞ!

自作ゲームの販売にぜひ挑戦してみましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!
当ブログでは、ゲーム制作・創作活動・ブログ運営に役立つ情報を発信しています。
他の記事もよかったら読んでみてください!🍀

この記事が気に入ったらフォローお願いします!

2019/11/27ゲーム制作

Posted by ドッド工房