自作ゲームをネットで販売する方法【ゲーム制作】

2020/2/18ゲーム制作, 創作

所要時間目安 < 1
自作ゲームをネットで販売する方法【ゲーム制作】

こんにちは。ドッド工房です。

今回は「自作ゲームをネット上で公開して販売する方法」を簡単に紹介します。

そろそろ自分で作ったゲームを売ってみたい!
だけど、どうやって売ればいいんだろう…
ゲームを売れるサイトってどんなのがあるのかなぁ…

こういう悩みのある方に向けた内容です。

自作ゲームをネットで販売する方法はいろいろあります。
その中で、今回は3つピックアップして紹介します。

筆者(ドッド工房)について

10年以上ゲームを作り続けています。
PCゲーム・ブラウザゲーム・スマホアプリを合わせて9タイトル公開。
総プレイ数160,000回突破。ゲームコンテスト4回受賞。
実況プレイでも多くの方に遊んでいただいています。
私が作ったゲーム: https://atelierdodd.work/game/

自作ゲームをネットで販売する方法【ゲーム制作】

自作ゲームをネットで販売する方法【ゲーム制作】

ゲームをネットで販売できるサイトに、下記のサイトがあります。

各サイトの特徴で、ネック(障害)になりそうな部分は黄色でマーカーしています。

DLsite

DLsiteは、株式会社エイシスが運営する、
同人・PCソフト・電子書籍のダウンロード販売サイトです。

このサイトの特徴は下記の通りです。

  • 登録料無料
  • 年会費無料
  • 作品登録には審査有り
  • 販売価格を1,000円に設定した場合、660円(税込)が受取金額になる。
    (販売価格=卸価格+販売手数料)

詳しくは下記リンクをご覧ください。

BOOTH

BOOTHは、pixivが運営するネットショップサービスです。
ゲームに限らず、同人やグッズなどの販売も可能です。

このサイトの特徴は下記の通りです。

  • 初期費用無料
  • 月額利用料無料
  • 販売手数料無料
  • 作品の登録に審査なし
  • 決済手数料は売上の3.6%
  • 振込手数料は、受取金額総額が30,000円未満なら200円、
    30,000円以上なら300円かかる

詳しくは下記リンクをご覧ください。

Steam

Steamは、Valve Corporationが運営する、
PCゲーム・PCソフトウェアなどのダウンロード販売が行えるプラットフォームです。

このプラットフォームの特徴は下記の通りです。

  • アプリ提出料金に$100(約11,000円)必要
  • アプリ提出料金支払い後、30日間待つ必要がある
  • ゲームの審査が有り(1~5日間必要)
  • ストアページを準備し最低2週間は「近日登場」のページを公開する必要がある
  • ゲームの売上から手数料などが結構引かれる。
    詳しくはこのリンクページ※でご確認ください。
  • 海外ユーザーが多いため、海外向けゲームの公開にも適している

※Steamで販売した自作ゲームの売上金が振り込まれた話 | じるお.netさん

詳しくは下記リンクをご覧ください。

まとめ:早速自作ゲームを販売してみよう!

まとめ:早速自作ゲームを販売してみよう!

以上が「自作ゲームをネット上で公開して販売する方法」です。

世はまさに副業ブームです。
自作ゲーム販売を副業にしてみるのも良いと思います。

こちらの記事も合わせてどうぞ!

実はゲーム制作のスキルだけでも副業にできます。


ゲーム制作の作業を格安で依頼できるって知っていましたか?

  • 自作ゲームを販売できるクオリティに高めたい。
  • ローカライズ(海外対応)のために翻訳したい。

そういった思いは簡単に解決できます。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
当ブログでは、ゲーム制作や創作活動に役立つ情報を中心に発信しています。
他の記事もよかったら読んでみてください。
それではまた!

この記事がよかったらフォローお願いします!

2020/2/18ゲーム制作

Posted by ドッド工房