ゲーム制作会社に就職する方法【業界専門の求人紹介サービスも紹介】

2020/2/22ゲーム制作, 創作

最後まで読んでも < 1
ゲーム制作会社に就職する方法【業界専門の求人紹介サービスも紹介】
悩んでいる人

ゲームを作るお仕事をしたい!
ゲーム制作会社に入社したい!
でもどうやったら入社できるんだろう?
ゲーム制作会社に就職する方法を教えてほしい!

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • 【中途向け】ゲーム制作会社に転職したい場合
  • 【新卒向け】ゲーム制作会社に就職したい場合
  • ゲーム制作の専門学校には行ったほうがいいのか?

私はゲーム制作を10年以上にわたって続けています。
制作したゲームは16万回以上遊んでもらえています。(別名義も合わせると24万回以上)
ゲームコンテストでは5回以上受賞しています。

ゲーム制作イベントの講師をしていたこともあります。
ゲーム制作会社から内定をいただいたこともあります。

さて、今回は「ゲーム制作を業務にする会社に入社する方法」を解説します。

世界中の人を楽しませる「ゲーム」を作るお仕事です。

この記事を読めば、あなたはゲーム制作会社に就職する方法を知ることができます!

 本記事の信頼性

 ドッド工房 (Twitter:@AtelierDodd
 ゲーム制作・創作活動を10年以上継続
 9ゲーム公開16.5万プレイ突破5回受賞
 別名義と合計17ゲーム24万プレイ6回受賞
 ブログは4ヵ月目で月間1.7万PV達成
 PCゲーム・ブラウザゲーム・アプリ公開中!

ゲーム制作会社に就職する方法【業界専門の求人紹介サービスも紹介】

ゲーム制作会社に就職する方法【業界専門の求人紹介サービスも紹介】

ゲーム業界に入ること自体は正直言って難しくありません。
なぜなら、過去に実務経験がない私でもゲーム会社から内定をもらえているからです。

ただし、大手ゲーム会社や有名ゲーム会社に入るのは難易度がかなり高めです。
俗にいう「学歴フィルター」がかかります。

トップレベルの大学卒業・成績優秀者じゃないと書類選考の時点で足切りを食らいます。
中途採用でも、かなりの実績がないと入るのは極めて困難です。

【中途向け】ゲーム制作会社に転職したい場合

【中途向け】ゲーム制作会社に転職したい場合

あなたの人生に関わるので、私から安易に意見は言えません。

ゲーム会社に就職するのにどんなスキルが必要なのか。
それは業界専門の転職のプロに相談したほうが確実です。

ネットの「誰が言っているかもわからないような情報」を信じて勉強したりするのは危険です。
誤った情報だったら本当に時間の無駄になるので。

※私が実際にそういう経験をしたことがあるので…

検索して出てくる情報だと、古い情報が上位表示されていたりします。
いつの話だよ!って言いたくなるような情報もいっぱいあります。

そういった情報を真に受けてしまうと、あなたは本当に損してしまいます。

ゲーム業界は必要なスキルも年々変わっていきます。
最新の情報を手に入れるためにも、まず専門の人に直接会って聞くべきです。

下記の転職サービスを利用しましょう。


IT・インターネット・ゲーム業界に強い転職コンシェルジュ【WORKPORT】

情報の提供・書類の添削・面接対策・年収交渉・円満退職までサポートしてくれます。
常時15,000件の求人案件を保有。非公開求人案件情報も豊富。


ゲーム業界最強のマッチング力【シリコンスタジオエージェント】

正社員・派遣どちらでもOK。未経験でも実力(受賞歴など)があればOK。
10年以上の実績で業界からの信用も厚い。70%が非公開求人案件情報。


こういったサービスは色々あります。
その中でも、総合的に見て良質と判断した上記2サービスをピックアップしました。

※2020年2月時点の情報で書いています

【新卒向け】ゲーム制作会社に就職したい場合

【新卒向け】ゲーム制作会社に就職したい場合

大学を卒業して一般的な就活の方法に則って面接を受けましょう。

就活定番のリクナビとかマイナビを使っておけばOKです。

俗にいう「新卒切符」はぶっちゃけ最強です。
ポテンシャル採用(実力がなくても潜在能力で採用)をしてもらえるからです。

PCの基本操作ができれば、特別な資格とかがなくても受かります。
普通の企業なら、資格は入社してから定期的に取ってこいと言われます。
受験料と合格祝い金をくれる会社もあるので、自費で受けるのはもったいないです。

入社前は面接対策をしていた方が損しません。
SPI対策を必死にやるのも基本的に意味がありません。
実際のところ独自の試験を設けている会社がたくさんあります。

強いて挙げるなら英語(TOEIC500点以上)はとっておきましょう。
技術書を読んだり、プログラミング・スクリプト、翻訳・海外からのメール対応などに必要です。
結局求められるのは普通の企業と同じなのです。

中小企業のゲーム会社は基本的に人手不足です。
ただし、人手不足だからといって誰でも入れるわけではありません。

ゲーム制作会社も普通の企業と同じです。
「素質がない=マッチしない」と思われる人は入れません。

素質のない人を雇ってしまえば、お金をかけて教育しても成長しないので負の経営資源になります。
いわゆる「使えない人材」を抱えることになり、毎月給料だけ取られていき損をすることになるからです。

ゲーム開発はとにかく締め切りに間に合わせないといけません。

下記のような人には難しいでしょう。(日本で働くならどの業界においても同じですが…)

  • 言われたことすら十分にこなせない人
  • 自己管理もままならない人
  • 作業に集中できない人
  • 忍耐力のない人
  • ノルマも完遂していないのに残業せずに定時に帰る人
  • 月40時間の残業で根を上げるような人
  • パソコンが全然使えない人
  • 話が通じない人

実際に私の部下にいました。
はっきりいって仕事になりませんね。

ちなみに私の場合。
スーパーバイザーをしていた時は40時間越えは当たり前でした。
36協定に引っかからない程度で80時間以上の残業の月も全然ありました。

ゲーム制作の専門学校には行ったほうがいいのか?

ゲーム制作の専門学校には行ったほうがいいのか?

有名大学でも何でもない大学に行くくらいなら行ったほうがいいです。
ただし、絶対に行かなければ業界に入れないというわけでもありません。

それでも、行く価値はあります。
専門学校は、その業界で必要な知識に絞って2年間かけてみっちり学べます。
確実にあなたのスキルになります。決して無駄にはならないことでしょう。

下記記事でゲーム制作を学べる専門学校について紹介しています。
就職率が高くオススメの専門学校だけをピックアップしています。

まとめ:とりあえずゲーム制作会社の面接を受けてみよう

まとめ:とりあえずゲーム制作会社の面接を受けてみよう

実際のところ入りこめるチャンスはいくらでもあります。
本当にゲーム業界に入りたいなら、あきらめずに行動してください。

面接で落とされても全く悲観しなくてOKです。
会社・面接担当者との相性や、その日のあなたのコンディションも影響します。
「ダメだったか~まぁ次行くか」程度の心構えで挑みましょう。

就活はぶっちゃけタイミングや運も関係します。
正社員として就職できなかったら、アルバイトでもいいのでとりあえず潜り込みましょう。
デバッグならアルバイトを募集している会社もあります。

アルバイトからの正社員登用のある会社もあります。
入り方は1つではなく、いくらでも存在するわけです。

あと、日本はフリーターでも贅沢しなければ生きていける国です。
正社員になれなければ生きていけないなどと焦らなくても全然大丈夫です。

ぶっちゃけサラリーマン(OL)は、あなたが思う以上に安定が保証されていません。
サラリーマン(OL)は会社に行かなくなっただけで収入0ですよ。
「黒字リストラ」とかいう恐ろしいことも始まっていますし…。

こちらの記事もあわせてどうぞ!

即戦力はどこも欲しているので、実績を作ってみましょう。


個人でゲーム開発を本格的に始めたい方へ。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
当ブログでは、ゲーム制作・創作活動・ブログ運営に役立つ情報を発信しています。
他の記事もよかったら読んでみてください!🍀

この記事が気に入ったらフォローお願いします!

2020/2/22ゲーム制作

Posted by ドッド工房